営業時間9:00〜17:00
ご予約直通090-4870-2686

オレンジと紫日記(BLOG)

15 9月 2017

前世の記憶

こんにちは。札幌西区西野のアロマサロン オレンジと紫です。

ブログにはあまりスピリチュアルなことは書かないでおこうと思ってたのですが、あまりにも面白い体験だったので書いておこうかと思います(*^_^*)

先日、思うところがありまして、占いタロットに行ってきました。

その方は、もともと主人繋がりのお知り合いで、お会いしたこともあったのですが、みてもらうのは初めて。

なんせお忍びで関東や関西からも有名人がやってくるという、知る人ぞ知る、あいの里の有名な占い師さんです。

人気の秘密は、お人柄と、的確な問題解決のアドバイスなのかなって思いました(*^_^*)

 

予約した時は、前向きな相談事があったのですが、それはすでに解決してしまっていて・・・今は多少ネガティブな感情が沸き上がり中。

それはズバリ 「私はアロマでやっていけるのか」 ということ。

思考のバイオリズムとか感情の波とか、そいいうのでいうとちょうど今は底辺(笑)

やめた方がいいと言われたら立ち上がれないな。

怖いな。

怖いなら行くのやめたらいいのに、でもジュディさんには会いたいな。

みたいな感じで、あいの里に到着。

小柄で綺麗なジュディさん♡

お部屋の氣も澄んでいて気持ちがいいし、やっぱり来てよかった。

実はどんな風に占ってくれるのかあまり知らないで、行ったので、全てが興味津津♪

テーブルの上にはタロットがあり水晶が載っていました。

何とも素敵な空間です。

霊感タロットという方法で、ひいたタロットからジュディさんには立体的な映像が見えるらしく、タロットに手を当てるとどんどん見えるみたい。

色々質問され会話をしながら、読み解いていきます。そして、

(ジュディさん)「なんで看護師やめたの?看護師嫌いなの?」「アロマはいつから?」

(私)「嫌いでした。うーん、嫌いというか、精神科が合わなかったのかな・・・」「整形外科は楽しかった。でも部署が異動になってから、少しづつ楽しくなくなって・・・」

のような会話かあったかと思います。

そして

(ジュディさん)「あなた、前も(前世も)看護師だったの」

(私)「え?また私やってるんですね(笑)」

(ジュディさん)「十字軍の」

?!

ここで普通なら、はい?って感じなんだろうけど、その時の私は「十字軍」「中世ヨーロッパ」という言葉を聞いたとたん、髪の毛全てが逆立つような感覚と、全身に鳥肌がたって、血液が逆流したようになりました(^_^;)

ちょうど前日に、テキスト作りのために歴史を調べていて、十字軍の遠征により、ヨーロッパに薬草の知識や精油の蒸留の技術を持ってきた。というところにはまってしまい、イスラム帝国の場所や、十字軍について調べていたのでした。だからすんごくイメージが沸きます。いわば薬草や精油を使っての治療のはしりの時です。

(ジュディさん)「戦地にキャンプ張って、医者と二人とかでバタバタと走り回って処置してたみたい。そういうの好きでしょ?あなた、整形の外来とかで忙しくしてるのが合うのよ」

(私)(・∀・)

(ジュディさん)「そこで治療で使ってたのって、 ね?」

もう、あ、あはい。

(ジュディさん)「ラベンダーとかで治療してたみたい」

もう腑に落ち過ぎてやばいです・・・

(ジュディさん)「あなた出かけるなら海じゃなくて山とか森でしょ?」

ええ、もちろん

(ジュディさん)「一人でも女友達とでもテント張るのも平気だったみたいよ(*^_^*) そこで薬草とか採ってきてたみたい」

「精神科や内科じゃなくて、整形外科のようなところが合ってるの」

 

もはや、疑問すらわかない・・・

 

その他、私は普通の人と感性や感覚が違うこと、自営が向いていること、性格的に結果を急ぎ過ぎること、結果成功するのに速効性を求めすぎること、などなど・・・

そして、現実的なアドバイスも頂きました。

 

45分はあっという間に過ぎました。

 

あの髪の毛の逆立つ感覚と全身の鳥肌は忘れられない。

前世の記憶が呼び戻された時の普通の反応らしいです。

涙が止まらないこともあるみたい。

 

そんなわけで、私はアロマは合ってるか合ってないのかということだと、昔にずっとやってたからもちろん合ってるわけで、これからも自分と家族を信じて、セラピストをしていけばいいのだと思いましたー(*^_^*)

 

 

帰って主人にその話をしたら

「俺はその時 負傷した兵士だ!」と(笑)

 

案外そうなら素敵です♪

 

IMG_2354

 

 

 

 

コメント